img-1

介護を必要とする原因とそれを予防する方法について

介護を必要とする原因と言うのは、国や民間による調査によって明らかにされています。

身元保証についての情報を簡単に探すことができます。

高齢による衰弱と言う理由を除くと、その理由は年度によって多少の変動はありますが、脳血管疾患、認知症、そして転倒などによる骨折が上位を占めています。

障害者施設の食事情報もきっとあるはずです。

不慮のアクシデントなどによってこれらの状態が発生してしまう、そして介護を要する状態になってしまった場合はやむを得ないですが、これらの原因は予防することも可能です。



まず脳血管疾患、これは脳の血管が破れてしまう、詰まってしまうことによって、体のあらゆる機能にダメージが及んでしまう疾患です。
これが認知症の原因になる場合もあります。

脳血管疾患の予防には、全身の血流を良くしておくこと、また血管にかかる負担を少なくすることが一番の予防法です。



食事の内容に気をつけ、特に高血圧を防ぐために塩分の過剰摂取には配慮することが大切です。



次に認知症ですが、これには様々なタイプの症状があります。



ですから予防法も異なるのですが、脳神経が活性化されていることが予防につながることは確かです。

ですから適度な運動を心がけ、年齢を言い訳にせず、新しいことにチャレンジしようとする気持ちが大切です。


また認知症は完治は難しい病気ですが、進行を遅らせることは可能です。
早期発見により適切な治療を受ければ、要介護度が低いまま自立した生活を継続したことも可能ですから、何か異変を感じた場合には、早めに医療機関にかかることも重要です。



そして転倒による骨折は、ある程度の年齢になったら、段差を解消するリフォームを住まいに実施することが有効です。



それと共に、早い内からカルシウム補給を心がける、足腰を鍛えるために適度な運動を継続して行うことも、予防法として挙げられます。


特に筋力が弱い女性は、男性に比べると加齢と共に転倒のリスクが高くなりますから、介護予防を目的にこれらを行っておくと安心です。

関連リンク

img-2

介護を必要とする人々の現状について

現在、介護が必要であるにも関わらず施設の不足、経済的な理由、家庭の問題等様々な理由で必要な介護や十分な介護を受ける事が出来ない人々が数多くいます。また、その数は年々増加傾向にあります。...

more
img-3

介護を通じての地域社会への参加

今、注目をあつめているのは介護職の方が行う医療行為です。基本的にこれらの職種の人は医療行為を行うのは違法とされています。...

more